育毛薬で髪の毛をよみがえさせる

何だか最近、抜け毛が増えた、ちょっと髪が薄くなってきたと思ったらその時点で育毛薬を使って予防しましょう。育毛薬を使うことによって薄毛を予防することができます。みなさん手遅れになる前に抜け毛予防しましょう。

育毛薬や育毛剤に含有の大豆イソフラボンが有効

男性ホルモンのテストステロンは、男らしさに欠かせないホルモンで体力や精力の増強に関わっていますが、多すぎることが脱毛の促進にも繋がってしまう厄介なホルモンです。毛の生え代わりにかかわる5αリダクターゼという酵素は脱毛を促す指令を出すDHTに変化します。この酵素はテストステロンと結合することで変化するため、これらの男性ホルモンを抑制することが重要になります。

大豆イソフラボンは、女性らしさに欠かせないエストロゲンととても良く似た性質です。女性の体の丸みや美しさに関わり、ホルモンバランスを整え、更年期障害などにも有効な成分として知られていますが、女性が薄毛になりにくいのは、エストロゲンが髪の成長を促したり、抜け毛を防ぐような性質があるためです。

男性が薄毛に悩むとき、大豆イソフラボンが含まれた育毛薬や育毛剤の利用を検討すると効果が期待できます。エストロゲンと似ているため、髪の成長と抜け毛予防に有効性が期待できるだけでなく、エストロゲンが脱毛ホルモンの抑制になりうる成分だからです。飲む育毛薬には大豆イソフラボンが含まれたものがあり、合わせてカプサイシン成分も含まれたものがあります。唐辛子に含まれるカプサイシンは刺激物で髪に悪そうな印象を受けますが、カプサイシンの中の成分が成長因子を増やすのに役立つため、適量の摂取は薄毛予防に効果的です。

育毛剤にも大豆イソフラボンが含まれたものがあって、髪や頭皮から有効成分を吸収することに役立ちます。髪の毛を増やしたいからと育毛薬や育毛剤を必要以上に用いると逆効果になる可能性があり、大豆イソフラボンも摂取しすぎるとホルモンのバランスに影響してくることがあるので、正しい使い方を心がけましょう。